そこはかとなく生きていれば

何気ない日常の合間から